pu3kintaroの日記

日々思ったことをつぶやく雑ブログです。

振り返っても見るもんだ。

今から15年前

 

そう、14,5歳のころかな

 

私は輝いていたように感じるんだ

 

何もかもがうまくいっている時間

 

当時のまわりの友達をみてもぼくほど幸せというか、すごいひとはいない

 

そんな風にも思っていた

 

好きなことができて、好きな人がいて

 

自由もあって、逆にしばりもあって

 

すごくちょうどいい、心地よかった

 

15年後、20年後、30年後の未来を描いていた

 

今もそうだけど、当時も全力だった

 

夢中に夢を描いていた

 

中田英寿になりたかった

 

松本人志にもなりたかった

 

抽象的だが、それが夢だったのか

 

パオロマルディーニというイタリア代表選手が大のお気に入りで

 

中学生、高校生なのに38歳くらいになりたかった

 

そんな服装をして少しでも近づきたかった

 

そんな余裕も夢も溢れていた

 

そんなことを思う今日

 

パオロマルディーニにはなれていない

 

本当か???

 

現時点では間違いなくなれていない

 

これからは?

 

まだまだ夢の途中

 

最近すごく再生をしている動画がある

 

ピースの又吉さんの近畿大学の卒業式のスピーチ動画だ

 

その中で好きな言葉というか、これは僕の感覚にも近い

 

という言葉がある

 

そのスピーチは又吉さんの日常の感じたことを社会人になってからの思ったことを

 

自分の言葉で語られている興味注がれる心に響くスピーチだ

 

「バットエンドはない。僕たちは途中だ。」

 

日々の日常の中で、当然いいことばかりではない

 

つらいことや「排水溝をただ眺めてるだけの時間」もたくさんある

 

でも、まだ途中なんだと。

 

この先にいいことがうまみ、人生のうまみが絶対あると

 

そんなことをあの芥川賞作家が考えていると思うと

 

まだまだだ

 

こんなもんじゃないと、自分をふるいだたせてくれる

 

重い道理に行く人生などない

 

まだ途中

 

30、40、50、60・・・・

 

まだまだ人生のうまみはたくさんあるはずだ

 

絶対に自分にあきらめたくはない

 

友人の出産祝いに悩んでいるあなたへ朗報です!ベイビーボックス知ってますか?

出産祝いにおすすめ!ということでネットで話題となっている

 

フィンランドベイビーボックス

 

北欧フィンランドより大ヒット!

 

育児制度がもっとも発達している国としても有名なフィンランド独特の文化になりますが、出産されたお祝いになんと政府が支援として無料配布していたようです。

 

フィンランド・ベイビー・ボックスはもともとフィンランド政府が子育て支援の一環で無料配布している「育児パッケージ」が原型です。

 親には140ユーロの現金支給もしくは育児パッケージという選択肢が与えられていますが、それでもほとんどの家庭が育児パッケージを選ぶそうです。ヘイッキさんもやはり育児パッケージを選んだ1人。箱のフタを開けてかわいいグッズの数々を見たとき「あなたは父親になったんだよ」と社会全体から祝福を受けたような気持ちになり、思わず奥さんと一緒に涙をこぼしてしまったそうです。

 

出産を控えているままに!そんなフィンランド文化から生まれたベイビーボックスをぜひ!

 

さすが福祉の国、フィンランド!出産準備品を政府が用意してくれる、こんな制度が日本にもあったらいいのに、と思っていたら、なんと日本の一部の自治体でも似た制度があるのだそうです。衣類や、出産準備に使えるサービスチケットなどをセットにして送り、子育て支援を導入している自治体があるようです。

三重県名張市、千葉県浦安市、鹿児島県日置市などが、それぞれ独自に行っている子育て支援で、もらえるものも自治体によって異なります。お守りが入っているところもあるそうですよ。さすがに、これだけで全ての出産準備完了とまではいかないですが、うれしい制度ですよね。

 

xn--dckc7aq3a2dyb3eo6b9a3byi3fb2m1244d.xyz

 

余興

約500人がつどい、総勢800人が中継で集う会社の納会の余興に出ました。

 

結果は7チーム中2位

 

優勝目指してた中で、負けてしまった。

 

会場の受けはかなり良かったのに、

 

待ち時間のオーバーは大いに響いた

 

そんなことあった。

 

余興って実は大事だと思ってまして。

 

会社の中でイベントごとを盛り上げることは、会社全体の勢いにつながるとずっと思っていて。

 

年々レベルが上がってるね、なんて言われるけど

 

レベルというか、やってることを少しずつ自分のやりたいことに近づけていってるから

 

どちらかというと周りが自分にアジャストしてきたと思っている

 

もしかしたら、とんでもなくでっかいコミニュティを作って行けば、とんでもない人気というか知名度を持てるのかもと思った今日この頃。

 

違う意味で発見があってよかった!