サッカーワールドカップ セネガル戦の感想

サッカーをやっていた、サッカー経験者として、昨日行われたサッカーワールドカップグループリーグ第2戦セネガル戦の感想を書いてみたいと思います。

 

引き分け

 

勝ち点1

 

これはワールドカップにおいて非常に重要なものであるのは言うまでもない。

 

ほぼ予選突破を決めたとも言っていい。

 

昨日はチームとして、守りも攻撃もその切り替えも素晴らしい出来でした。

 

個人的には、本田圭佑選手が点を決めたことがすごく嬉しいし、尊敬に値する。

 

ワールドカップが始まって、残念なことが一つある。

 

それは、平成元年生まれの同い年の選手が一人も選ばれていないことだ。

 

吉田麻也香川真司は平成元年生まれだが早生まれのため一つ上だ。

 

曲がりなりにも私も全国大会に出場し、関東プリンスリーグでJクラブと接戦をしていた。

 

プロになった対戦相手もチームメートも多数いる。

 

しかしながら、ワールドカップに誰も行けてないのは残念だ。

 

鈴木大輔柿谷曜一朗清武弘嗣

 

この3人が平成元年生まれの筆頭だった。

 

特に柿谷は天才すぎた。

 

ほかにもロンドンオリンピック世代は僕らの世代で、大津、村松大輔山村和也河野広貴、高木、笠間、吉田啓介、加藤弘堅、山田

 

みんなすごかったけど、誰もワールドカップ行けてない。

 

これは悲しいことだ。

 

勘違いだと思われてもいいのだが、

今のワールドカップメンバーはおれらの代表なのだ。

 

あの頃のサッカー少年の夢の舞台。

 

ぜひ、勝ってほしい。

 

夢をのせて。

 

オーレ!